ウォーターサーバーと浄水器のコストを徹底比較

おいしい水に関するコスト徹底比較サイト

おいしく安全な水をお得に飲む方法を解説!

ウォーターサーバーや浄水器を使うことで、よりおいしく安全な水を手軽に飲むことができるようになります。 しかし、世の中にはたくさんの種類が出回っていて、どれが自分に合っているのか迷ってしまいます。 ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてまとめました。

それぞれのメリット・デメリット

人間の体の半分以上は水でできています。
どんな水を飲むかは私たちの健康や体にダイレクトにかかわってくるのです。
毎日飲む水だから、よりおいしく、より安全な水を飲みたいものです。

水を飲む、と言うとまずは水道からでる水をそのまま飲む、あるいはスーパーやコンビニに行ってペットボトルのミネラルウォーターを買って飲む、という方が最も多いでしょうか。
確かに早く確実に飲むことができる方法ですが、その味や品質は本当に満足していますか?
水道水はカルキ臭がしておいしくなかったり、ミネラルウォーターを毎回買って飲むのは費用がかさんだり、重い水を持って家まで帰るのは大変だったりします。

水にもこだわりたい、上記の問題を解決したい、という方が購入を検討されるのがウォーターサーバーや浄水器です。

ウォーターサーバーとは、ミネラルウォーターの入ったタンクから給水・給湯ができる機械のことで、機種にもよりますが冷水は3.5℃~10℃、お湯は75℃~90℃の温度のものがいつでもすぐに飲めます。
わざわざ冷蔵庫で冷やさなくても冷たい飲み物がすぐに飲めたり、カップラーメンなどを作ろうとした時にお湯を沸かす必要もありません。
赤ちゃんのミルクを作る時にも便利です。

浄水器とは、水道水に残留している塩素やカルキ臭、鉄さびなどを除去してよりきれいな状態にするための器具です。
どのような物質をどの程度除去できるのかは、製品の性能や価格によって異なります。

このサイトでは、ウォーターサーバーや浄水器を設置する際にかかるコストを比較しています。
ぜひ参考になさってください。

設置にかかるコストはいくらなのか徹底比較

ウォーターサーバー、あるいは浄水器の設置を考えた時に気になるのがコストです。 現在たくさんの会社から商品が出ています。 まず初期費用として、設置にどれくらいコストがかかるのでしょうか。 契約の特典として無料になるケースも多くあります。 それぞれ見ていきましょう。

維持にかかるコストはいくらなのか徹底比較

いざウォーターサーバーや浄水器を設置しておいしいお水を飲めると思っても、また、せっかく設置にお金をかけずに済んだとしても、使い続けるのにコストがかかりすぎてしまっては飲み続けることができません。 水代や日々の電気代など、設置後にかかるコストはどれくらいなのでしょうか。